病気 症状 病原体 治療 予防
モザイク病 葉や花弁にモザイク状の病斑が出来る他、縮れ、黄化などさまざまな症状がでる ウィルス 薬剤なし アブラムシ駆除
根頭がん腫病 地際の根や幹に、表面がざらざらした球形ないし半球形のこぶが出来る 細菌:アグロバクテリウム属 こぶを除去しストレプトマイシンを塗布 根を良く見て、健康な苗木を選ぶ、土壌消毒
灰色カビ病 20℃前後の多湿状態のときに、特に若い葉や茎、つぼみ、花弁など、柔らかい組織が灰褐色になって溶けたように腐って行く 糸状菌:不完全菌類 ベンレート、ゲッター水和剤 乾燥気味に管理
ごま色斑点病 葉に小円形の褐色斑点が多数発生、後に落葉 糸状菌:不完全菌類 ベンレート 罹病枝葉の処分
うどんこ病 葉や茎が小麦粉を振りかけたように白くなる 糸状菌:子嚢菌類 トリフミン水和剤 冬期に石灰硫黄合剤
炭疸病 葉や果実に黒褐色の病斑が出て次第に大きくなり落葉落果する。 糸状菌:子嚢菌類 トップジンM水和剤 冬期に石灰硫黄合剤、枝透かし剪定
白紋羽病 地際を白い菌糸が覆い、細い根は腐敗してなくなる 糸状菌:子嚢菌類 フロンサイドSCを土壌灌注 水はけを良くし、未完熟堆肥は使用しない
すす病 葉や枝がすすをかぶったように黒くなる 糸状菌:子嚢菌類 薬剤なし アブラムシ、カイガラムシ駆除、枝透かし剪定
てんぐす病 枝の一部に沢山の小枝がほうき状に出る 糸状菌:子嚢菌類 薬剤なし、罹病枝を基部から処分 罹病枝の処分
胴枯れ病 幹や枝の樹皮の一部が少し隆起して内部が腐敗し後に乾燥陥没する。害虫の食痕や、剪定傷から病原菌が入る 糸状菌:子嚢菌類 薬剤なし、罹病部分を除去処分 害虫の駆除、太枝剪定切り口の殺菌処理
もち病 幼芽や葉が以上に肥大して、餅が膨らんだようになる 糸状菌:担子菌類 Zボルドー 冬期に石灰硫黄合剤
膏薬病 枝や幹にべったりと膏薬を貼り付けたように白や灰白色のカビが生える 糸状菌:担子菌類 石灰硫黄合剤 カイガラムシ駆除、枝透かし剪定
縮葉病 早春に展開を始めた葉が赤く膨らみ、縮れたり、しわがよって奇形となる 糸状菌:担子菌類 Zボルドー 冬期に石灰硫黄合剤
さび病 ビャクシン類の葉が褐変、さび色の寒天状の固まり 糸状菌:担子菌類 石灰硫黄合剤 ボケ、リンゴ、カイドウ類を近くに植えない
赤星病 葉の表面に橙黄色ので丸型の斑紋、葉裏には毛羽立った病斑 糸状菌:担子菌類 トリフミン水和剤 ビャクシン類を近くに植えない

病害虫防除に戻る
トップページに戻る