スライドショー
索引に戻る
庭園名 依水園 沿革他 徳川幕府御用商人の清須美道清が三秀亭という茅葺屋根の別邸を立て庭園を造り、明治時代に実業家関藤次郎が茶の湯と詩歌の会を愉しむ為に作った後園の二つの庭園で構成されている。若草山、春日奥山や御蓋山、隣接する東大寺南大門までも借景ととしている。
所在地ショザイチ 奈良市水門町74
築造年代 前園江戸時代前期、後園明治時代
作庭サクテイ 前園/清須美道清、後園/関藤次郎
様式  池泉回遊式庭園