スライドショー
索引に戻る
庭園名 偕楽園 沿革他 水戸藩第九代藩主徳川斉昭(烈公)が、藩内の千波湖や緑ヶ丘を望み、筑波山や大洗の海を遠望できる高台を、藩主や藩士のみならず、庶民にも解放する目的で造園、近代の公園に近い性格の庭園。早春に約100品種3000本の梅が咲き誇る梅の名所として知られ、木造3階立ての好文亭からの眺めは格別。
所在地ショザイチ 水戸市常磐町1−3−3
築造年代 1842年(天保13年)
作庭サクテイ 水戸藩第九代藩主徳川斉昭(烈公)
様式  ダイナミックな借景庭園