スライドショー
索引に戻る
庭園名 小石川後楽園 沿革他 水戸徳川家の祖である頼房が中屋敷として造り、二代藩主光圀の代に完成。
光圀は造成に当たり明の遺臣朱舜水の意見を用い、円月橋、西湖堤など中国の風物を取り入れた。
後楽園の名は、中国の范仲淹「岳陽楼記」の「天下の憂いに先立って憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」からなづけられた。
国の特別史跡・特別名勝。
所在地ショザイチ 東京都文京区後楽1-6-6
築造年代 1629年
作庭サクテイ
様式  回遊式築山泉水庭園