スライドショー
索引に戻る
庭園名 識名園 沿革他 琉球王家最大の別邸で、国王一家の保養や外国使臣の接待などに利用された。
先の沖縄戦で壊滅的な被害を受けたが、1975年から整備され、2000年には国の特別名勝の指定を受け、さらに同年、世界遺産に登録された。
六角堂や大小のアーチ橋があり、琉球石灰岩が多用され、琉球独特の工夫が見られる。
所在地ショザイチ 沖縄県那覇市字真地421-7
築造年代 1700年代後半
作庭サクテイ 不詳
様式  回遊式庭園